新月に想うこと 畏れを無くして楽を施す

アセンションという言葉が、普通に通じる位になり、2012年12月22日の事とばかり思っていたら、本当は2011年、今年の10月29日に、今の次元が終わり、5次元に移行するそうである。全く、そのアセンションなるものが、どういうものなのかうまく想像する事も出来ないが、よく、5次元では、想念が、現実となるのが、瞬間的になるとか。思いのままらしい。素晴らしい事のようでもあり、また、少しこわい事でもある。想念の中の自分にとって、不都合というか、不快というか、畏れに基づく、本心とは真逆の想いを持つ癖が、人間にはある気がするから。例えば、こうなったらいいなと思いつつ、きっとそれは叶わないだろうとか、有らぬ取り越し苦労をして、はらはらするとか、よく有る事である。それが、思った瞬間に現実になるという事は、取り越し苦労ではすまない事になってしまう。だから、そもそも、5次元には、畏れを道連れには行けないのだろう。
わたしは30才の時、深夜に自分のアパートで、バシャバシャ顔を洗って、ふと鏡を見ると、額の真ん中のいわゆる第三の目から、米粒位の黒い影がパッと出て、パッと消えた事があり、その0.5秒位の出来事を何故かその影が、小さな雲に乗った千手観音だったと、認識してしまった事がある。
それ以来、お寺から出演依頼があれば、ご本尊は、千手観音。引越しすれば、大家さんの守り観音が、千手観音で、お隣のお寺の裏山には西国観音霊場の石観音だらけ、と、挙げればキリが無いほどに、行くとこ、逢うひと、千手観音さまだらけ。並々ならぬご縁を感じている。34才の時、舞踊公演の振付のテーマに千手観音を…と思いたち、いろいろと調べるうちに、 施 無 畏 という言葉に
出会った。せむい と読み、畏れを無くして楽を施す 事だという。千手観音はたくさんの手に、色々なものを持っている。ところが、ひとつの手だけは、だらりと下へさがって手放している。この手の格好が、そのまま、印になっていて、この印をもって施無畏を為すという。この施無畏が、以来、私の人生の命題となった。まず、ひとに楽を施すなど、おこがましく、大それた事である。畏れを無くすも、極めて難しい事だ。けれども、ひとつひとつ、一歩一歩、少しづつ、自分の中の畏れと向き合い、克服して来たように思う。全く、わざわざ大変なストーリー設定をして、畏れを克服するがための、道のりだった気がする。まあ、過去型では無く現在進行型でありますが。その道のりの中で、解った事は、結局、この施無畏の印そのものだという事。

手放す事。決して、無責任に、放り出すので無く、委ね、託し、許し、信頼する事。

これに尽きる気がする。でも、信頼する事は、外側では無く、内なる神性を。そうすれば、依存から自由になれる。孤独感や疎外感から、一歩遠ざかる事が出来る。本当に、少しづつだが。
今年に入り、大変な現実ばかりだが、結局、執着も、失う事への畏れだし、いつも、いつどうなってもOKOK! と、丸裸なこころが、楽 と言う事。

見えては来ている気がする。あとは腹に落とし込んで行く段階だろうと思う。
地球のアセンション迄、間に合って、何とか芸能をもって、楽を施す事が出来ますように。
新月の切なる祈りである、が、これも執着のうちかなあ〜( 苦笑 )

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

夏至を挟んで素晴らしい日々

6月11日 福岡へマイクロバスを貸し切り、脱原発サウンドデモに宮崎の仲間と参加。それから、広島入りして、にんげんクラブ ウェルカムパーティーにて、出来たてのお祈りのうたを参加された全ての方と大合唱。 この歌は、パーティーのナビゲーターの方の依頼で、愛 光 力( うず) をテーマで、出来た曲。

愛を開いて 光を放てば 力は渦巻いて 星はよみがえる

まさしく、今、切実な私自身の祈りでもある、星はよみがえる という歌詞。その思いを広島平和公園
から、集まった方々と声高らかに歌えた事は、本当に有難い経験でした。そうして 手と手を取り合い
二重の輪になり、百匹目の猿現象がテーマの幸島ソング「 百人目の愛 」をまたまた大合唱。
血の通ったぬくもりの輪が、またひとつ増えました。

翌13日、出雲入り。出雲大社裏一山超えた 鵜鷺(うさぎ)という集落に落ち着き、日本海側の深緑
に澄み切った海がすぐそばの友人宅の古民家に逗留。

今や有名なパワースポットとなった 韓釜神社に参り、歌を奉納。奥出雲の素晴らしい自然の太古の杉林に囲まれた伊弉諾尊を祭る熊野神社に詣で、久しぶりの出雲大社に参り、16日の満月は、JR旧大社駅舎にて、満月ライブ。

再会する迄は気が付かなかったのですが、2002年 淡路島の 水の祭り で共演したユニット
【ゆにわ】さんの民族楽器とボイスの即興演奏で麻ごろもの舞。照明無しの、キャンドルだけで、ゆにわさんが、演奏とリンクさせた映像での舞。これが、計らずも、凄い神事舞になって仕舞いました。

その映像が、燃えさかる炎の映像で、麻ごろもに燃えさかる炎の映像が映り、あたかも、火の御子を産んで黄泉へ旅立った伊弉諾尊が、火で黄泉がえった如くの、凄まじい舞になったのです。さすがに
出雲だなあ〜と、恐れ入りました。その後の歌のライブも、星はよみがえる のうたと、手と手を取り合う幸島ソングの大合唱も、感動を集まった全ての方々と共有出来ました。

ライブが終わり、空に美しい満月。神無月の10月に、出雲だけは神有月、その全国の神様をお迎えすると言う、浜でお月見。満月に綺麗な月輪。次の日の朝、朝日に綺麗な日輪。 神々の祝福をかんじました。

22日夏至は、【 子供みらい会議 】 キャンドルナイト。小学生の子供たちに、どんな未来に住みたいか、絵を描いて貰い、より良い未来に思いを馳せ、祈りの歌と、詩の朗読をしました。この詩の朗読が、めちゃめちゃ盛り上がり受けて、うれしかった。場内笑いの渦。

24日から、出雲を後に、初めての上関へ。翌日、祝島へ上陸。僅かな滞在でしたが、真っ青の空に、美しい鳳凰のような形の雲が出て、思わず、この島の素晴らしい自然が守られますよう祈りました。

よみがえり 夏至を挟んで何度も何度も、私にやって来るサイン。本当に、この星のよみがえりを願わずにいられません。どうか願いが届きますように。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

止まない非難 批判 気持ちはわかります。でもね。

慣れないツイッターや、フェイスブックなど、たまに、ずらずらっとある数々の沢山のひとの寄せる情報、意見、わたしが、フォローしているひとの傾向からか、なんとも、非難 批判だらけで、ため息がでます。

ほとんどは原発関連。原発事故に対する政府、原発事業者、その擁護にあたる学者や有名人、その人々に対する非難、批判、罵倒、憤り、などなど、ふぅう〜う〜

解ります。気持ちは。政府の対応や、対策のまったくいのちに対する切実な感覚 感性を疑いたくなる、人間性のかけらも感じられない、事ばかりです。

けれども、まず、こんな世の中の現実を作って来たのは、自分自身も、含めて 全ての日本国民に責任がある、という事を、真に受け止めないといけないと いつも 私は思ってしまうのですが、
どうでしょうか?

自分なりに、脱原発 核廃絶 には 強い想いを持っている。 祈りに祈る気持ちである。でも、批判や非難のもっともな事が解りながら、何か どこか 違和感をかんじるのは、私だけなのかな。

ひとは、いつも大抵、ひとや物事を非難 批判 否定 する時は、その非難の対象に全面的に悪を被せ、自分は全面的に善の立場を取りたがる。それって、昔からのひとの癖という事ですかね。

もちろん、自分自身も、例外では無く、むしろその傾向な強い方だったように思う。
自分の価値観や、思いこみ、訳の解らない自分だけ解ったつもりの正義感などで、ひとや物事を
激しく裁きまくっていましたが。

90年代の終わりに、全ては、繋がっているなら、私は、ヒットラーにも、麻原しょうこうにも、
繋がっている、と自分の悪を認める、そんな気づきがあり、それから間も無く、全てはひとつ と言う
大きなテーマのうたうたが、降るようにやって来て、それから、歌うようになり、益々、そのテーマに、自身の内面に向き合う事を突き付けられ。

それから十数年、人生のチョー荒波をくぐり抜け、時に溺れそうになりながら、ようやく、少し、少しずつ、一方的善の立場から、距離が持てるようになって来ました。

まだまだ、油断してると、長年のクセが、出て来て おっとっとっ! となりますがねぇ
なんとか、裁くの砂漠から、オアシスが、近づいてきたかなと思います。

この調子で行きたいですね。

以前、禅宗の尼さんのお友達が、印象的な一言、今だに忘れられませんが。
☆ 平和運動とか、活動とか、出来る訳じゃ無いけど、自分の中の戦争の芽を摘んでいくしかない
よねぇ ☆ ほんとに、そうだとわたしも思う。つくづく思う。

早く、たくさんのひとと、オアシスへたどり着きたいな。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

破滅的未来を選ぶのか、光明へ向かう道を選ぶのか。

縁あって、広島の平和公園内にある会場で、6月初旬歌わせて貰う事になり、
一足早く、その機会を与えて下さった方の招待で、
広島に行った。

一度お逢いしただけのその方は、ミィさんと、早々愛称でお呼びするほどに、意気投合。
今回ゆっくりと、色々なお話が出来た。

最近お逢いするひとは、逢って間もないひとでも、年齢や性別、バックグラウンドに関係無く、
旧知の仲のような親和感を持てたりする事がしばしばだが、ミィさんも、そのひとりだ。

まず、彼女と私の共通点は、想念が現実を形作る事の確実性についての信頼感が強い事。
であるから、自分の思いに気を配り、素晴らしい、明るい発想や感性を大事に扱う事。
この土台に立ったお話が出来るので、とめども無く話しが尽きない。

今回、広島に招待して頂いて、原爆ドームを前に、お祈りの歌も歌わせて頂けたし、久しぶりの宮島では、初夏の青紅葉に包まれ、澄み渡った緑の中の空気を胸一杯に吸い込みながら、色々な話しに花が咲いた。

平和公園の波動が、3/11からガラッと変わった、友人知人はみんなそんな印象をもっている。
と言うはなしが、興味深かった。明るく澄んで来たと言うのだ。

それは、どういう事なのかなと、思った。原爆で亡くなった方々の亡骸の上にある平和公園。
今度の原発事故で、あれからやっと66年経って、日本人のほとんどが、核の怖ろしさに目覚め、
廃絶の方向性が、大きく前進したからだろうか。その事を喜んでいる霊魂のエネルギーの変化なのだろうか。

今、非常に、大変な問題は、放射能の問題なのだが、間もなく、解決策が、次々、
明るみに出る事になると私は思うし、この核の問題から、世の中の、色々な価値観は、変わるはずだ。そうしなければ、わたし達人類は、生き残れないのだから。

そう考えると、大変な犠牲ではあるけれども、起こるべくして、起こった事なのかもしれない。
そして、尊い犠牲を無駄に、今度こそしないために、きっとこの星が、汚染、精神的荒廃から、蘇り、素晴らしい光り輝く星となる、と言う、ビジョンと想念を強く強く持ち続けようと思う。

平和公園の碑に刻まれている、 過ちは繰り返しませんから と言う言葉は、今まで空虚な響きだった。原発は原爆と同じ。その事を今、沢山の沢山のひとが、胸に刻む時。

そうして、悲観せず、蘇る星のビジョンを持ち続けよう。

ミィさんは数年前、脳溢血で倒れ、以後1年間、蘇った地球の素晴らしく、クリーンで、クリアなビジョンを見せられ続けたらしい。その時のビジョンが、あまりに、強烈で、
だから彼女は、そうなると、確信していると話してくれた。

大変、心づよく、嬉しかった。この星は、よみがえる。必ず、そうなる。
そのための、いのりの行動を、自分なりに、やっていくのみである。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

現実逃避では無く、現実回帰する

今、日本も世界も、実は、放射性物質まみれになって、
大変な事になっている訳ですが、相変わらず、3/11
前の何事もなかった如くに、浮かれたお祭り騒ぎのような
ゴールデンウィークも例年通りに過ぎました。

実際はと言えば、もう、以前のような美しく澄んだ自然も
無いし、汚染は刻一刻と深刻化しているのですが。

ところが、私が、最近、心で、また、出会う人から受け取る
情報は、いよいよ陰極まって陽となし、本来の人類の尊厳へ
回帰する輝かしいチャンスの到来、という嬉しく、楽しい
ワクワクする事ばかりなのです。

どういう事かと言うと、結局は、破壊へ破滅へ向かうベクトルを
選ぶか、蘇り、ひとりひとりの固定概念や、システム操作によって
封印されて来た、無限の可能性に目覚めて、無力な被害者からの脱却
を自らの想念の力で選択し、素晴らしい未来を切り開く道を選ぶか、
ふたつにひとつだと言う事です。

わたしは、自分の存在の力を信じます。それは決して安易で単純な事では
無いように見えるけれども、想念の力は、果てしない。
だから、その想念を澄まし、方向性をしっかり絞り込み、毅然とした中心線を
ぶらせない。

わたしの方向性とは、いのちの躍動の芯にある喜びと、
どんな困難にも打ち勝つ事が出来ると言う信頼。
救い救われ、いたわりいたわれ、離れ難くひとつに繋がる
存在の源に回帰する。

実は、苦しみは妄想の想念が創り出した大リーグ養成ギブス
( 星 飛雄馬ぁ〜!)
そのギブスが、間も無く外れ、飛翔へ向かって行く。

このシナリオの路線は、変わりそうもありません。
地球防衛軍 てんぷく劇場 としては。

決して、現実逃避では無いのです。回帰なのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

身に起こる全てを恵みと知る

誠に人間と言う生き物は、複雑怪奇なようで居て、ある法則の中で、
決まりきった感情的反応で、落ちたり上がったりするものだ。

如何にわたし達の思考回路や、欲望や 孤独感といったこの世の仕組みが、
文字どうり 仕組まれ ある意図のもとにコントロールされているか という事が、
何か 負の出来事、感情、思い込みなどが表に現れると、思い知らされる事となる。

しかし、もし、感情に呑まれてしまう一方で、終わって仕舞ったら、
悲劇のヒロインやら、かわいそうな被害者やらに自分を設定して、
ますます、その泥沼のはまり込み惨めに閉ざされて、自己否定が高じて
精神的病いに向かったり、長く、人をうらんだり憎んだりと、負のエネルギーを
内側か、外側に向け続ける事にもなりかねない。

感情は、否定するべきものでは無い。出て来た感情は、その時、必要で自分自身に対する
シグナルでもあるし、内側でくすぶっていたものの、浄化でもあるから。

けれども、負の出来事に接し負の感情が生まれた時、
なるたけそこに停滞せず、一歩退いて見て、全体像を眺めみる冷静さを取り戻すコツは、

やはり、自分自身 自分自身の人生を運ぶ全ての物語に対する 信頼
その信頼しか無い気がする。

全てが、より良い自分に進化 成長していく為の恵みであるという信頼。
自分は大いなるスピリットに守られ、育まれているという信頼。

結局、そこに救いも癒しもあると思う。

わたしは、宗教にはとんと興味は無いけれど、
たくさんの目に見えない存在や、宇宙の大きな大きなエネルギーが
自分を導き励まし助けてくれていると信じているし、そう実感する事もよくある。

いいもわるいも無く、全ては恵み。
その恵みを十二分に味わい、起こることに素直に正直に真摯に向き合えば、
ほんとうの意味が、見えて来て、感謝しか無くなってしまう。

ありがたい。有難い。有るのが難しい。
人は感謝のうちにある時、有るのが難しいほどの奇跡のなかで奇跡に立ち会っているのだ。
と、知ると、ますます、恵みは膨らんで、ますます、ありがたい。
ほんとうにありがとうございます。これっきりですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

絶望的ストーリーから一歩遠ざかる

一兆の何万倍の、京たら言う、放射能の値が、公式に発表になり、
何だか ちょっと、人智を超えた事になって来ました。

これまで、この世に、核兵器がもたらされて、66年もの年月が、
経っていて今の科学的頭脳や、技術で、放射能の軽減化 無毒化が、
研究、開発されて無い訳が無いと私は思います。

案外、ちょろい奴だったりするかも知れません。放射能君。

第一、今回も、京たら言う、値の放出がされているにも関わらず、
原発敷地内で、働く人、周辺の住民、ひと月近く前ならかなりの数の
人々が居たはず。今、ひと月経って、死人が続々と出ていても不思議
は無いはずなのに、その情報が、隠蔽されていると言う事でしょうか?

第一、3号基は、プルトニウム燃料な訳で、水素爆発の後、プルトニウム
が、大量に放出したとすれば、敷地内で作業なんて出来る訳無い
と思うのですが、何だかつじつまが合わない妙な感じが、その時から
してたのだけども。

こんな今回みたいな発表があると、ますます訳わからない気持ちが
強くなって来ました。

何らかの、軽減装置が働いているのじゃ無いか? と思うのです。

それは、何処からもたらされているのかは、定かでは無いものの
軽減化や無毒化が、表沙汰になれば、核の脅威と言うシナリオで
巨万の富と、沢山の人々のコントロールを思うままにしていた
人々の切り札は無に等しくなります。

しかし、このまま、どんどん汚染が進んだところで、どうしても
その無毒化の発想や開発は必要とされる訳で、どうしようも無く
汚染されるに任せるしかない なんてシナリオの方が、不自然だ
とは、思いませんか?

それこそ、ただの思い込みを利用した、無力な、非力な人類
なす術も無く、苦しみもがき絶望へ向かう なんて言う、
策略的 物語にまんまとハマり込んでいくだけです。

わたしは、震災のひと月前に、放射能無毒化のインスピレーションが
やって来て、なるほど、と思ったんですが、

今回、Twitterとかの記事や、色々ブログを見ても、何故、みんな
現実に起きている事が、不自然だな と感じている人がいないのか
不思議です。

もうほんとうはバタバタひとが死んでもおかしく無いはずなのに、
そうはなって無いのは、何か装置が働いているとしか思えないのです。

きっと、近い将来、その装置は表沙汰にされ、一気に事態は収束に
向かい、極限的ストレスから開放された大衆意識は、
いのちに対する本質を見極める目指しと、本物の絆を生み出し
その安心感から ひとりひとりの自身の存在の尊厳を取り戻す。

すべての存在が、等しく素晴らしい事を、思い出す。

だから、誰にもコントロールされないし、する必要も無い。

そんな次元変革が、ドミノ倒し的に起って行く。

それが、わたくし、地球防衛軍 てんぷく劇場 のシナリオです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ