噂の2012年がとうとう来て仕舞いました。ワクワク大変!

2011年の年末は、12月3日の、熊本阿蘇の弊立神宮の奉納舞で、切ない程の大きな大きな慈愛に包まれて感激の涙を流す貴重な体験があり、旅から戻り直ぐまた、自宅で、24弦ギターのジー君という青年の伴奏で、凄まじい満月舞。

その直後あたりから、激しい心身の浄化が初まり、年をまたいで今に至っています。
最初は風邪をこじらし、徐々に精神的な意味不明の落ち込みや、怒りに似た苛立ちや、切なさや、孤独感といった有りとあらゆる負の感情が立ち現れ、胸にツカえている、ワサワサする
そんな症状。

いわゆる鬱的症状なのですが、うっかりすると、はまり込んだりしそうですが、そんな時、鏡を見て、自分の瞳を見詰めます。すると、瞳の奥の目の輝きが、濁りなく澄んで力強い光を感じて、異常なし…とこころの声を聞き、納得します。

実際のところ、激しい鬱状態にはまり込む何の根拠も無く、こういう状態なのには、訳があって、肉体を形作る細胞ひとつひとつに、負の感情は蓄積されていて、その感情、( 怖れと依存)
は、頭では割り切り、理解し、コントロールの効くものと認識したつもりでいても、こころはまだまだコントロールの効かないものらしい。( この文の頭と、こころは入れ替えてもいいけれども)

とにかく、日頃自己防衛本能で、コントロールしたつもりでいる負の感情が、何か感覚としては、あぶり出しのように、肉体から立ち上り煙のように消えて行く感じがする。

苦しいには苦しいが、犯し難い信頼の強さを鍛えられて、為されているようで、これはこれで、有り難い事です。

何しろ、今年は、アセンションの年らしい。更にこころ揺り動かす、こころ揺さぶる事満載な年だろうと想います。その時々を、すべて有り難い恵みとして、受け止め味わっていくしかありません。

信頼 全託 感謝 感動 それだけは失わず、明るくユーモアを絶やさず、ニコニコ行きたいものです。

だって、日に日に想いが現実を作って行く速度は早くなり、
エネルギーは強力に成り、そのひとの想いの光が、もっと言えば波動周波数が現実を形作るとすれば、その波動周波数を左右する感情というものを俯瞰的に眺める絶対信頼の境地を見失わないようにしたほうが、ほんとに お得‼ なわけだから。

と、肝に命じ、ワクワク大変! を楽しみましょう。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中